決算書の読み方・財務分析のしかた

財務分析とは

財務分析とは、貸借対照表や損益計算書の数値からその会社の収益性や安全性などを分析したり、業界標準値や同業他社等と比較して評価等することをいいます。

なお財務分析はあくまで決算書を客観的に読むための補助ツールに過ぎず決して万能のものではありません。しかし指標の推移から傾向(トレンド)を読み取ったり、将来の予測に役立てたりと、様々な活用の仕方ができます。


収益性分析

収益性分析とは、会社の利益獲得能力資本効率等を分析することをいいます。それぞれの詳細はリンク先で解説してます。

ROA
総資産利益率
総資本利益率
ROE
自己資本利益率
自己資本利益率
売上高利益率 売上高総利益率
総資産回転率 総資産回転率
財務レバレッジ 財務レバレッジ
損益分岐点 損益分岐点

安全性分析

安全性分析とは、会社の支払能力倒産危険度経営の安定性などを分析することをいいます。それぞれの詳細はリンク先で解説してます。

流動比率 流動比率
当座比率 当座比率
現預金
月商比率
現預金月商比率
自己資本比率 自己資本比率
固定長期
適合率
固定長期適合率
固定比率 固定比率
有利子負債
月商比率
有利子負債月商比率

資金繰り分析

資金繰り分析とは、会社の資金繰りの正常性などを分析することをいいます。

売上債権
回転期間
売上債権回転期間
在庫回転期間 在庫回転機関
インタレスト
・カバレッジ
インタレストカバレッジレシオ

倒産危険会社の見分け方

過去の倒産事例などから倒産危険会社の見分け方を解説してます。

倒産危険シグナルを読み取る
短期的な安全性を分析する(資金の安定性)
長期的な安全性を分析する(資本の安定性)

財務分析診断エクセルシート等


財務分析とは

なお財務分析とは、貸借対照表や損益計算書の特定の数字を抜き出してその割合や伸び率などからその会社の収益性や安全性など係数化したり、さらに業界標準値や同業他社等と比較分析することをいいます。



さらに財務分析は、複数年の財務分析の指標を比較することでこれまでの傾向を読み取ったり、さらにそこから将来の予測に役立てたりと、いろいろな活用の仕方があります。


収益性分析

収益性分析とは、主に損益計算書利益や売上高と貸借対照表総資本等を比較することで、企業の売上高に対する利益の割合(利益獲得能力)、企業の資本効率(効率性)等を分析することをいいます。

なお、収益性分析において最も重要な指標は総資本利益率(ROA)です。ROAは、売上高利益率(当期純利益÷売上高)と資産回転率(売上高÷総資本)とに分解されますが、これは、ROAを改善するためには売上高利益率を改善する方法、資産回転率を改善する方法の二つがあることを意味します。

したがって、ROAが高い企業は収益力があるため売上高の利益率が高く、なおかつ資本効率が高いため資本を効率的に運用して売上高に結びつけることができる超優良な企業であると言えます。


安全性分析

安全性分析とは、主に貸借対照表資産負債資本の金額を比較することで企業の支払能力、倒産危険度、経営の安定性などを分析することをいいます。代表的なものに流動比率自己資本比率があります。


 
  
 
 
 







財務3表一体分析法「決算書がスラスラわかる」






財務分析指標重要度ランキング

重要度、使い勝手の良さなどからランク付け

主要な財務分析指標について重要度、使い勝手の良さ等から独断でランクづけを行いました。

 
 


決算書の読み方

決算書には会社の収益力財政状態など、見る人が見れば分かる超重要な情報がたくさん含まれています。しかし、ただ見るだけでは単なる数字の羅列に過ぎず決算書を深く読むことはできません。決算書を読み、会社の問題点や改善すべき課題、強みなどを知るためには財務分析指標を使った決算書数字の規格化、標準化が欠かせません。

また財務分析を行うことにより、会社の企業価値を分析することもできます。企業価値を分析することができればその会社の現在の株価水準が割高なのかどうかの判断を行うことも可能になります。

決算書を読むための大前提
決算書の入手の仕方
決算書を読む前の準備作業
決算書の読み方(比較のポイント)
財務分析・決算書関連のおすすめ書籍


Copyright (C) 2008-2019 決算書の読み方・財務分析のしかた All rights reserved.
当サイトについて人気サイトランキング


会計学を学ぼう!キャッシュフロー計算書連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験