Excelテンプレート財務分析とは収益性分析安全性分析指標一覧決算書の読み方


決算書の読み方・財務分析のしかた
サイト内検索
カスタム検索

財務分析診断・Excelテンプレート

Excel財務分析診断シートの一覧


Excel財務分析診断シート Excel財務分析診断シート(年次推移) 借入金返済計画表
損益分岐点分析 資金繰り分析


財務分析のしかた

財務分析とは

財務分析とは、貸借対照表や損益計算書の特定の数字を抜き出してその割合や伸び率などからその会社の収益性や安全性など係数化したり、さらに業界標準値や同業他社等と比較分析することをいいます。
財務分析とは
さらに財務分析は、複数年の財務分析の指標を比較することでこれまでの傾向を読み取ったり、さらにそこから将来の予測に役立てたりと、いろいろな活用の仕方があります。

財務分析とは



収益性分析

収益性分析とは、主に損益計算書の売上高と利益、さらに貸借対照表の総資本等と比較することで、企業の売上高に対する利益の割合(利益獲得能力)や資本効率等を分析することをいいます。

なお、収益性分析において最も重要な指標は総資本利益率(ROA)です。ROEを重視する傾向もありますがROAのほうが重要です。ROAは売上高利益率(当期純利益÷売上高)と資産回転率(売上高÷総資本)とに分解されますが、これは、ROAを改善するためには売上高利益率を改善する方法、資産回転率を改善する方法の二つがあることを意味します。

つまり、ROAが高い企業は売上高利益率が高く(収益力がある)、なおかつ資産回転率も高い(資本効率も高い)ということを意味し、資本を効率的に運用して利益獲得に結びつけている超優良企業であると言えます。


関連ページ 総資本利益率(ROA)
関連ページ 売上高利益率
関連ページ 資産回転率


安全性分析

安全性分析とは、主に貸借対照表の資産と負債や資本を比較することで支払能力、倒産危険度、経営の安定性などを分析することをいいます。代表的なものに流動比率自己資本比率があります。


詳細はこちら 倒産危険会社の見分け方(シグナルを読み取る)
詳細はこちら 倒産危険会社の見分け方(短期的な安定性を分析する)
詳細はこちら 倒産危険会社の見分け方(長期的な安定性を分析する)
関連ページ 流動比率
関連ページ 自己資本比率


財務分析指標一覧

財務分析指標にはいろいろありますが、その中でも本当に役にたつものをまとめました。

収益性分析の指標 ROA(総資本利益率) = 当期純利益 ÷ 総 資 産
ROE(自己資本利益率) = 当期純利益 ÷ 自己資本
売上高利益率 = 当期純利益 ÷ 売 上 高
総資産回転率 = 売 上 高 ÷ 総 資 産
財務レバレッジ = 総 資 本 ÷ 自己資本
損益分岐点 = 固 定 費 ÷ (1-変動比率)

安全性分析の指標 流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債
当座比率 = 当座資産 ÷ 流動負債
現預金月商比率 = 現 預 金 ÷ 平均月商
自己資本比率 = 自己資本 ÷ 総 資 本
固定長期適合率 = 固定資産 ÷ (自己資本 + 固定負債)
固定比率 = 固定資産 ÷ 自己資本
有利子負債月商比率 = 有利子負債 ÷ 平均月商

資金繰り分析の指標 売上債権回転期間 = ( 売掛金 + 受取手形 ) ÷ ( 売上高 ÷ 12 )
在庫回転期間 = 棚卸資産 ÷ ( 売上原価 ÷ 12 )
インタレスト・カバレッジ = 営業利益 ÷ 支払利息

その他の指標 売上債権回転率 = 売上高 ÷ ( 売掛金 + 受取手形 )
在庫回転率 = 売上原価 ÷ 棚卸資産
実効税率 = {法人税率×(1+住民税率)+事業税率}  ÷  1+事業税率
配当性向 = 配当金 ÷ 当期純利益
PBR = 株価 ÷ 一株当たりの純資産
PER = 株価 ÷ 一株あたり利益
EPS = 一株あたり当期純利益

収益性分析の指標
ROA(総資本利益率)
ROE(自己資本利益率)
売上高利益率
総資産回転率
財務レバレッジ
損益分岐点

安全性分析の指標
流動比率
当座比率
現預金月商比率
自己資本比率
固定長期適合率
固定比率
有利子負債月商比率

資金繰り分析の指標
売上債権回転期間
在庫回転期間
インタレスト・カバレッジ

その他の指標
売上債権回転率
在庫回転率
実効税率
配当性向
PBR
PER
EPS

倒産危険会社の見分け方
危険シグナルを読み取る
短期的な安定性を分析
長期的な安定性を分析

決算書の読み方等
決算書を読むための大前提
簿記を学習すべきかどうか
財務分析と電卓
決算書の入手の仕方
決算書を読む前の準備作業
決算書の比較の方法
財務分析の奥深さ
決算書関連のおすすめ書籍
無料で経済情報を入手

おすすめ書籍
財務3表一体分析法「決算書がスラスラわかる」

財務分析の指標の算式自体はそれほど難しいものではありません。中学生レベルの掛け算割り算ができれば誰でも理解することは可能です。


決算書とはその会社の事業活動によってどれくらい儲けがあって、そもそもどのくらいの自己資本を元手に事業を行っていて、借入金や事業資産は現在どのくらいあるのかといった「経営成績」や「財政状態」を株主や債権者等に報告するために作成される報告書をいいます。




決算書と財務分析

決算書には会社の収益力財政状態など、見る人が見れば分かる超重要な情報がたくさん含まれています。しかし、ただ見るだけでは単なる数字の羅列に過ぎず決算書を深く読むことはできません。決算書を読み、会社の問題点や改善すべき課題、強みなどを知るためには財務分析指標を使った決算書数字の規格化、標準化が欠かせません。

また財務分析を行うことにより、会社の企業価値を分析することもできます。企業価値を分析することができればその会社の客観的な価値に対する現在の株価水準が割高なのかどうかの判断を行うことも可能になります。



決算書を読むための大前提

決算書を読むためにはまず、決算書を構成する貸借対照表損益計算書キャッシュフロー計算書に関する基本的な理解が大前提です。これらの理解なしに決算書を読もうとするのは、英単語が分からないのに英語の文章を読もうとするくらいナンセンスなことだと思います。

詳細はこちら 決算書を読むための大前提


決算書の読み決算書の入手の仕方

最も簡単な決算書の入手の仕方は、EDINETで公開されている有価証券報告書を閲覧することです。 EDINETとは、金融庁が行政サービスの一環として運営している有価証券報告書提出会社有価証券報告書のデータベースです。EDINETでは企業が公開している有報の検索・閲覧・ダウンロードが全て無料で行えます。


詳細はこちら 決算書の入手の仕方


決算書を読む前の準備作業

EDINETなどで決算書を入手したら、まず最初に確認すべきことがあります。


詳細はこちら 決算書を読む前の準備作業


決算書の読み方(比較のポイント)

財務分析を活用しながら企業の決算書を読む際のポイントとしては、「年次比較」と「期間比較」と「同業他社比較」があります。


詳細はこちら 決算書の読み方(比較のポイント)


財務分析のまとめ・財務分析関連おすすめ書籍

おすすめ書籍のページにて紹介の『財務3表一体分析法』の巻末で著者が財務分析について核心をついたことを述べられているので、要点のみですが紹介します。

財務分析をする場合は、財務分析指標の計算に時間をかけるより決算書から会社の全体像をザックリ把握することに時間をかけたほうがよい。そして全体像を把握するために財務分析指標を計算したほうがよければその時点で計算を始めればよい。

なぜならば企業の基本活動は、どのようにお金を集めてそれを投資し、その投資したものをいかに効率よく売上に変え、その売上からいかに効率よく利益をあげるかであり、財務分析とはその基本活動の全体像をつかむことにほかならないからである。


関連ページ 財務分析・決算書関連のおすすめ書籍




Copyright (C) 2008-2017 決算書の読み方・財務分析のしかた All rights reserved.
当サイトについて人気サイトランキング


会計学を学ぼう!キャッシュフロー計算書連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験