貸借対照表の区分

純資産についてよくある勘違いを踏まえてみっちり解説(図解豊富)

2023年8月6日

純資産(読み方:じゅんしさん)とは、貸借対照表に表示されている資産の総額(総資産)から負債の総額(総負債)を差し引いた差額です。

資本から純資産へと

我が国の会計学上、伝統的に現在の純資産の部のことを資本の部資本自己資本)と呼んできました。

しかしこの呼び方は世界的にみて相応しくないのもあり、2005年くらいに会計基準が改正されて現在のように純資産の部に名称が改められました。

その際、名称が改められただけでなく、次の3つも純資産の部に含めることとなったため、従来の資本の部と現在の純資産の部とは意味合い的にだいたい同じものですが、厳密には全く異なるものへと変貌しました。

  • 評価換算差額等
  • 新株予約権
  • 少数株主持分(連結貸借対照表の場合にのみ登場)

資産と負債の差額

現在において純資産といった場合には資産と負債の差額といった意味合いになります。

純資産とは返済義務のない資本であるなどという記述をいまだに見かけますがそれは大昔の話であり現在の会計学においてそれは間違いです。

純資産の部の意味

資本=Capital=資本金

伝統的に我が国の会計学において、純資産のことを資本と呼んできましたが、英語ではCapitalとなります。Capitalは本来、出資した元手を意味するためニュアンス的には資本金に近いです。しかし、純資産の部は株主が出資した元手(資本金+資本準備金)だけでなく留保利益も含まれます。

上場会社においては純資産の部のほとんどが留保利益だったりします。そして留保利益とはCapitalとは全く違うため従来の日本の会計基準における資本の部という表示名称は相応しくなかったと言えます。

純資産を英語に直訳するとNet Asset

ちなみに、純資産を英語に直訳するとNet Assetとなりますが、Net Assetは普通は非営利活動法人Nonprofit Organization(NPO)のバランスシートでしか使われていないです。ちなみにNPO法人は株主という概念や株主に対する所得の分配という概念がない会社です。

純資産=Shareholder Equity

会社が清算される場合、資本金が株主に返還されるのではなく、総資産で総負債を返済して余った差額(残余財産)が株主に分配されます。

英語では単語の選択が厳密に行われます。したがって我が国において伝統的に資本の部(自己資本)と呼ばれてきた部分について、それは最終的に株主に分配される株主の持分であるということから株主資本(Equity、Shareholder Equity)と呼ばれています。

結論として純資産の部は直訳するとNet Assetですが、英語の会計ではShareholder Equityと表記するのが一般的です。

自己資本利益率(株主資本利益率、純資産利益率)

貸借対照表の自己資本に対する損益計算書の当期純利益の割合を自己資本利益率(ROE)と言います。自己資本利益率は有名なのでたいていの方がご存じかと思います。

自己資本利益率

自己資本利益率(ROE)は英語でReturn On Equityと表記されることからも分母はEquity、株主資本です。したがって、株主資本利益率と表記するのが正確な気もしますが、Equity、Shareholder Equityは英語では日本の会計基準における純資産の部に相当します。したがって名称を変更するのであれば純資産利益率とするのが正確です。ただ、あまりこだわってもしょうがない気がします。

自己資本比率(株主資本比率、純資産比率)

自己資本比率とは、総資本に占める純資産の割合を示す指標です。自己資本比率の算式は次のとおりです。

自己資本比率

英語ではShareholder Equity Ratioといいます。これも株主資本比率と表記するのが正確な気もしますが、Equity、Shareholder Equityは英語では日本の会計基準における純資産の部に相当します。したがって名称を変更するのであれば純資産比率とするのが正確です。ただ、あまりこだわってもしょうがない気がします。

返済義務がない資本とは少し違う

「純資産とは返済義務がない資本である」などと書いてあるサイトも多いですが、情報が少し古いかなと思います。2005年くらいに会計基準が改正されて資本の部が純資産の部に変更されたそれ以降、純資産には特にそういった意味はないです。会計学的には単なる差額概念に過ぎません。ただの差額です。

さらに、純資産は自己資本とも異なります。また、1文字しか違いませんが純資産と総資産は全く別のものです。

純資産とはこの部分

では実際に貸借対照表の具体例を使って純資産の部分を赤で囲ってみたいと思います。それがこれです。

純資産

自己資本はこの部分

次に自己資本(正確には株主資本)についても赤で囲ってみたいと思います。それがこれです。純資産とは範囲が少し違います。自己資本のほうが範囲が狭いです。

自己資本

ちなみに純資産から次の三つを除外したものが自己資本となります。

  • 評価換算差額等
  • 新株予約権
  • 少数株主持分(連結貸借対照表の場合にのみ登場)

少しややこしいですが、自己株式は自己資本に含めます。

総資本とはこの部分

最後に総資本とはこの部分です。純資産に総負債を加算したものが総資本です。

純資産と自己資本の相違点を図解

純資産と自己資本(正確には株主資本)の相違点を図解すると次の通りです。

純資産や自己資本を使った財務分析指標

純資産や自己資本(株主資本)は非常に重要な概念です。したがって財務分析でも高頻度で利用されます。

純資産や自己資本の数字そのものをじっと眺めたり過去から比較しても増えた減った程度の情報しか得ることができませんが財務分析により損益計算書の利益と比較してみたり、貸借対照表の負債や資本と比較してみると有用な情報がいろいろと得られます。

財務分析Financial analysis
自己資本利益率(Return On Equity):当期純利益/株主資本

自己資本利益率とは、当期純利益を株主資本(日本会計基準の純資産)で割って算出される指標。 自己資本利益率は収益性と利益を生み出すための効率性の高さを示す。 高ければ高いほど株主資本から利益を生み出す能 ...

財務分析Financial analysis
固定長期適合率(Fixed Assets Ratio):固定資産/純資産+固定負債

固定長期適合率とは、固定資産が純資産と固定負債で賄われているかを示した指標。 英語ではFixed Assets Ratioと表記。 固定長期適合率の算式は次のとおり。   固定長期適合率の意 ...

財務分析Financial analysis
負債比率(Debt to Equity Ratio):総負債/純資産

負債比率(D/Eレシオ)とは、総負債と純資産を比較した指標。 純資産を基準として総負債(総借入金)がそれより多いか少ないのかという傾きを示す。 数字が大きいほど借入金依存度が高い。 自己資本に対し借入 ...

財務分析Financial analysis
自己資本比率(Shareholder Equity Ratio):純資産/総資本

自己資本比率は、総資本に占める純資産の多さを示した指標。 過年度の留保利益は純資産を構成する。 したがって自己資本比率が高いほど財務的に健全な優良企業。 自己資本比率はShareholder Equi ...

スポンサードリンク

-貸借対照表の区分
-, ,