安全性分析

流動比率(Current Ratio):流動資産/流動負債

2023年8月4日

  1. 流動性比率とは、短期的流動性(支払能力)を示す指標。
  2. 流動資産の全てを最大限に活用した際に、流動負債の支払をどの程度満たすかを示す。
  3. 流動比率はCurrent Ratioと英語表記。
  4. 流動比率は他の短期的流動性を示す指標とは異なり、運転資本の余裕度を示す意味合いもある。

流動比率

流動比率とは

流動比率の流動資産流動負債は、貸借対照表のこの部分に記載されています。

ちなみに下の図解のように流動資産はCurrent Assets流動負債はCurrent Liabilitiesです。つまり、流動比率とは流動資産と流動負債の割合のことを言っています。

流動比率Current Ratio

運転資本(正味運転資本)とは

運転資本とは、正味運転資本(Net Working Capital)とも呼ばれますが、流動資産から流動負債を差し引いた差額です。

イメージ的には下の図解の緑色の部分です。

正味運転資本Net Working Capital

要するに流動比率が100%を超える部分の金額ですね。

正味運転資本はM&Aでかなり重視されます。

正味運転資本が1を下回る場合には短期的な支払能力に問題がある可能性が示唆されるばかりでなく、その会社を買収した際に事業から十分なキャッシュフローを得られない可能性も示唆されます。

ただし、正味運転資本が高すぎるのもよくないです。過剰在庫などにより資本が無駄に多く要している可能性が考えられます。

流動比率に関する間違った理解

流動比率がプラスである場合には短期的な支払い能力に問題がないなどと書かれている書籍やサイトも多いですがそれは間違いです。

むしろ流動比率は前述のように運転資本を意味するので現金商売など特殊な業態を除きプラスになっているのがごく当たり前です。

運転資本がゼロやマイナスの会社なんて普通ありませんよね?

流動負債より流動資産が多くなる理由

流動比率を考える前にまずこれを考えるべきなのですが、通常、ほとんどの会社は流動負債より流動資産のほうが多くなります。例えばこんな感じです。

流動比率の構造

なぜかといいますと、流動資産と流動負債の構成はだいたいこうなっているからです。

流動比率の構造

かなりざっくりとした説明ですが

  • 商売をするにあたっては手元現預金は月商の1月分くらいは絶対に必要です
  • そして事業活動のために売上債権棚卸資産仕入債務が必ず発生
  • 通常それぞれが月商に対して1月分ないし数ヶ月分となります。

そして流動資産はこれらのうち3つの要素を含み、流動負債は1つだけです。したがって通常の会社は流動資産が絶対にかなり多くなります。

流動比率が大きすぎるのは問題

一般的に流動比率は2倍超あるのが望ましいとされています。そして1.2倍が安全ラインなどともいわれます。

しかし、流動比率は大きければ大きいほど安全ということはないです。

ここが当座比率とは異なります。当座比率の場合には大きければ大きいほど安全と言えます。

流動比率が高いのは過剰在庫の可能性

流動比率は大きすぎる場合には棚卸資産が過剰在庫になっている可能性が強く示唆されます。

また、売上債権が月商に対して膨らんでいる場合にも流動比率は大きくなります。つまりキャッシュフロー経営の考え方からは流動比率が高すぎるのはあまり良くないです。

流動比率がマイナスでも即倒産しない

流動比率がマイナスの会社は一般的に倒産危険性が高いとか黄色信号を発している危険な状態であるなどと言われたりします。

しかし流動比率がマイナスであっても資金繰りが問題なければ倒産することはないです。

逆に資金繰りが健全で優秀な会社ほど流動比率が低くなる傾向があります。例えばキャッシュフロー経営でほぼ無在庫状態を実現していたとしたら、売上債権と仕入債務の差額くらいしか運転資本は大きく発生しないのでそうなりますよね?

つまり、流動比率だけみて短期的な流動性を判断するのはかなり危険です。流動比率とは正味運転資本を加味した短期的支払能力を示す指標です。

流動比率の欠点

流動比率の最大の利点は他の財務分析指標のように電卓を叩かなくても貸借対照表の流動資産の合計と流動負債の合計をパッと見て暗算で算出することも可能なくらいの手軽さです。その反面、流動比率には欠点がとても多いです。

換金性のない資産を支払い原資に含めている

流動比率には、棚卸資産や前払費用といった換金性のない資産も支払原資に含めて支払い能力を判定してしまっています。はっきり言って純粋に支払能力を判断したいのであればこれはかなりおかしいです。

流動比率 換金性のない財産

過剰在庫があっても流動比率だと安全だと判断してしまう

過剰在庫が発生している場合には本来資金繰りがかなり厳しく倒産間際な状態であるはずなのに、流動比率上では倒産危険性が低い安全な状態だと間違った判定結果になってしまいます。過剰在庫による黒字倒産の事例として有名なアーバンコーポレイションも倒産前数期間ずっと流動比率が大幅にプラスになっていました。

流動比率、過剰在庫

当座比率

流動比率は日本人にはかなり好まれますが、このように純粋に支払能力を判断する目的としてはかなり欠点が多い指標です。

流動比率の欠点を補ったより保守的な財務分析指標が当座比率です。

財務分析Financial analysis
当座比率(Quick Ratio):当座資産/流動負債

当座比率とは、短期的流動性(支払能力)を示す指標。 流動資産の全てを流動負債に対する支払原資に含める流動比率より保守的。 当座比率は比率が高ければ高いほどその会社の流動性と財務的健全性が高いことを示す ...

スポンサードリンク

  • この記事を書いた人

manabu

都内在住税理士です。会計学を学ぼう!という老舗サイトを20年近く運営してきました。事業会社でIPOや銀行折衝の経験もあるため資金繰りや資金調達、財務分析も得意です。

-安全性分析
-, , ,