安全性分析

当座比率(Quick Ratio):当座資産/流動負債

2023年8月4日

  1. 当座比率とは、短期的流動性(支払能力)を示す指標。
  2. 流動資産の全てを流動負債に対する支払原資に含める流動比率より保守的。
  3. 当座比率は比率が高ければ高いほどその会社の流動性と財務的健全性が高いことを示す。
  4. 当座比率はQuick Ratioと英語表記。
  5. 当座比率の算式は次のとおり。

当座比率

当座資産とは

当座資産とは、流動資産のうち、現預金及びそれ以外の短期的に容易に換金可能な資産をいいます。具体的には現金、現金同等物、売上債権、売買目的有価証券、貸付金、未収入金などが該当します。

つまり当座資産とは、流動資産全体から棚卸資産や前払金など、即座に支払手段として利用できないものが除外したものです。

つまり当座比率とはこんな感じのイメージです。

当座比率とは

下のように図解するとかなり分かりやすいと思いますが、これで当座資産のほうが流動負債より多かったら、その会社は短期的な支払能力は全く申し分ないと断言できますよね。当座比率とはそういう財務分析指標になります。

当座比率

Acid testとはスラング

ちなみに、当座比率はAcid test ratioとも呼ばれています。もしかしたら日本においてはこちらのほうが知られている気がします。

ちなみに、Acid testとはスラングで、真に価値があるかどうかを判断するという意味あいがあるようです。流動比率から短期的に換金できない棚卸資産などを除外することで短期的支払能力について真の判断をしているというニュアンスがあるのかなと思います。

流動比率と当座比率との比較

流動比率と当座比率の違いを図解で比較するととても面白いです。

流動比率

まず最初にこちらが流動比率です。

流動比率

流動比率

当座比率

それに対してこちらが当座比率です。

当座比率

当座比率

サンプル問題

それでは実際に当座比率と比較のためにも流動比率も計算してみましょう。

答え合わせ

当座比率:(1330-100)/1200*100=102.5%

流動比率:1330/1200*100=110.83%

スポンサードリンク

-安全性分析
-, ,