トップページ財務分析指標一覧業界標準値CVP分析倒産危険会社決算書






倒産危険会社の見分け方 - 短期的な安定性を分析する

流動比率をみればその企業が安全かどうか(倒産の危険度)が分かるというのは前述のとおりですが、では、どの水準まで流動比率があるべきなのかを次に解説します。

通常企業は、急な支払いに備えるため現金等の支払い手段を多めに保有しています。したがって通常流動比率は120%〜140%くらいが平均的な数値であり、150%くらいが理想であるといわれています。

しかし、業界によって売掛金の回収期間が長い、または小売業のように現金商売をしていて売掛金の回収期間が極端に短い業界等あるため、一概にこの120〜140%というのはあてはまりません。したがって業界によってバラツキがあることは念頭に入れる必要があります。

ここまでのところを念頭に入れて流動比率を見れば、その会社の安全性について一定の判断ができますが、流動比率は万能ではなく以下のような問題もあります。


(1)流動比率には棚卸資産や前払費用といった換金性のない資産も支払原資として含めてしまっている
(2)そもそも貸借対照表の数字は決算日時点の情報(ストック情報)であり、実際にそれが入金又は出金となるタイミングまで考慮していない


以上のことから、企業の短期的な安全性を判断する際に流動比率は非常に有用ではあるものの万能ではない、ということを念頭に入れた上で他の指標も参考にして総合的に判断するべきだと思います。

そこで、(1)の欠点を考慮して補うものとしてよく使われるのが当座比率です。(次ページの解説に続きます



決算書からシグナルを読み取る 長期的な安定性を分析する


収益性分析

ROA
ROE
売上高利益率
資産回転率
財務レバレッジ
損益分岐点

安全性分析

流動比率
当座比率
現預金月商比率
自己資本比率
固定長期適合率
固定比率
有利子負債月商比率

資金繰り分析

売上債権回転期間
在庫回転期間
インタレスト・カバレッジ

その他の指標

売上債権回転率
在庫回転率
実効税率
配当性向
PBR
PER
EPS




会計学を学ぼう!キャッシュフロー計算書連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験
Copyright (C) 2008-2017 決算書の読み方・財務分析のしかた All rights reserved.