トップページ財務分析指標一覧業界標準値CVP分析倒産危険会社決算書






倒産危険会社の見分け方 - 長期的な安定性を分析する

これまで流動比率を使った短期的な安全性を判断する方法を解説してきましたが(前々ページ前ページ)、次に長期的な安全性について解説してみます。

企業の長期的な安全性を判断する上で重要なのは、企業が調達した資本の安定度です。

分かりやすいところとしては、貸借対照表の貸方(右側)のうち、自己資本は返済義務がありませんが、自己資本以外の借入金などはいずれ返済しなければならない他人資本です。したがって返済義務のない自己資本が多ければ多いほど、その企業は返済義務のないお金を元手に事業を行っていることになるため必然的に資金繰りが安定します。

またそもそも自己資本というものは、上述のように株主からの拠出資本と、さらに企業が稼ぎ出した利益の内部留保とで構成されています。したがって自己資本が多いということは、すなわち過去の利益の蓄積が多いということも意味します。

過去の利益の蓄積が多いということは、経営者の経営手腕が高い、堅実な経営を長期に渡って行っている、または無謀な投資を行っていないとことが予想されるため、企業の総合的な健全度をも示しているといえます。

この総資本に占める自己資本の割合を自己資本比率といいます。自己資本比率は業種等により適正値はかわってきますが、一般的な平均は20〜30%程度で、理想は40〜50%といわれています。



短期的な安定性を分析する


収益性分析

ROA
ROE
売上高利益率
資産回転率
財務レバレッジ
損益分岐点

安全性分析

流動比率
当座比率
現預金月商比率
自己資本比率
固定長期適合率
固定比率
有利子負債月商比率

資金繰り分析

売上債権回転期間
在庫回転期間
インタレスト・カバレッジ

その他の指標

売上債権回転率
在庫回転率
実効税率
配当性向
PBR
PER
EPS




会計学を学ぼう!キャッシュフロー計算書連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験
Copyright (C) 2008-2016 決算書の読み方・財務分析のしかた All rights reserved.