決算書の読み方・財務分析のしかた  サイト内検索 FSREADINGとは

決算書を読むための大前提

決算書を読むためにはまず、決算書を構成する貸借対照表損益計算書キャッシュフロー計算書に関する基本的な理解が大前提です。これらの理解なしに決算書を読もうとするのは、英単語が分からないのに英語の文章を読もうとするくらいナンセンスなことだと思います。



決算書にはルールがある

決算書には聞きなれない名称やたくさんの数字が並んでいるため、一見しただけでは読み解くことは非常に難しいような印象があります。しかし、決算書を構成する貸借対照表損益計算書キャッシュフロー計算書には一定の構成や一定のルールに基づいて作成されています。したがって決算書の構成やルールを理解すれば決算書を容易に読み解くことができるようになります。



決算書を読むためのルールの学び方

決算書を読むためのルールを学ぶには、貸借対照表や損益計算書の仕組みについて学ぶ必要があります。さらに会計方針によって決算書の数字は大きく変わることからできれば会計学の基礎的な知識も学んでおくべきです。

しかし会計学を本格的に学ぶとなるとなかなかハードルが高いと思われるため、管理人運営の姉妹サイトである「会計学を学ぼう!」の財務会計の解説と企業会計原則の解説あたりを軽く読まれることをおすすめします。

あとてっとり早いのは、決算書の読み方に関する入門書を数冊読んで見るのもよいと思います。参考ページにて紹介している書籍は特に素晴らしい書籍ばかりですのでおすすめです。


参考ページ



簿記を学習すべきかどうか




会計学を学ぼう!キャッシュフロー計算書連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験
Copyright (C) 2008 決算書の読み方・財務分析のしかた All rights reserved.