安全性分析の指標
財務分析指標一覧流動比率当座比率現預金月商比率自己資本比率固定長期適合率固定比率


流動比率(安全性・安全度)

流動比率とは、流動資産流動負債の金額を比較することで企業の短期的な支払能力を簡易的に判断する指標です。


流動比率の算式は以下のとおりです。




流動比率の計算

流動資産と流動負債の金額を入力して計算ボタンをクリックすると流動比率が計算されます。

流動資産 流動比率
流動負債


流動比率の図解

貸借対照表における流動比率の図解は以下のとおりです。


流動比率 図解



流動比率の意味

流動資産とは一年以内に現金化される資産で、流動負債とは一年以内に支払期限の到来する返済義務です。

したがって流動資産流動負債を上回っている、つまり流動比率が100%以上であるということは、短期的な支払能力が支払義務をまかなって余りあるということで、支払余力があると推測することができます。



逆に流動負債流動資産が上回っている場合は、1年以内に現金化できる資産よりも1年以内に返済すべき負債のほうが多いため資金がショートする可能性があり、支払能力に問題があると推測することができます。



このように流動比率は、企業の支払能力及び安全度を貸借対照表をパッと見て判断することができることから、安全性を判断する指標としては非常に実用性が高いです。

しかし流動比率には、棚卸資産や前払費用といった換金性のない資産も支払原資に含めてしまっていること、そもそも貸借対照表は決算日時点の数字(ストック情報)であり、実際にそれが入金されるタイミング及び出金されるタイミングまでは考慮していない、といった問題があります。

また流動比率が100%を下回っていても資金調達の目途が立っている場合や、消費者相手のスーパーのように現金商売で日銭の入る業種の場合は支払能力において問題はありません。

このように流動比率は非常に使い勝手はいいものの企業の支払能力をみる指標としては必ずしも万能ではありません。



流動比率は、高ければ高いほど企業の支払能力が高いといえ、理想200%以上、平均120〜150%くらいです。100%を割っていると印象が悪いです。



収益性分析

ROA
ROE
売上高利益率
資産回転率
財務レバレッジ
損益分岐点

安全性分析

流動比率
当座比率
現預金月商比率
自己資本比率
固定長期適合率
固定比率
有利子負債月商比率

資金繰り分析

売上債権回転期間
在庫回転期間
インタレスト・カバレッジ

その他の指標

売上債権回転率
在庫回転率
実効税率
配当性向
PBR
PER
EPS




会計学を学ぼう!キャッシュフロー計算書連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験
Copyright (C) 2008-2016 決算書の読み方・財務分析のしかた All rights reserved.