HOME流動当座現預金月商自己資本比率固定長期適合固定比率|有利子負債


有利子負債月商比率

有利子負債月商比率(有利子負債月商倍率という言い方もされます)とは、ある時点(通常は決算日)において、会社が月商の何か月分の有利子負債(主に銀行借入)を抱えているか示す指標です。



有利子負債月商比率の算式は以下のとおりです。

有利子負債月商比率の算式図解



有利子負債月商比率の計算

借入金と社債の合計金額をと売上高の金額を入力して計算ボタンをクリックすると有利子負債月商比率が計算されます。


短期借入+長期借入+社債 有利子負債月商比率
売上高


有利子負債月商比率の意味

一般的に、有利子負債が月商の3ヶ月以内であれば毎月の借入金の返済負担はそれほどではありません。しかし、月商の3ヶ月を超え6ヶ月くらいになってくると、借入金の返済が資金繰り的にかなり困難になってきます。

したがって、銀行から資金借入をする場合には月商の3ヶ月程度に抑えておくのが一般的には無難であるといわれます。









会計学を学ぼう!キャッシュフロー計算書連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験
Copyright (C) 2008-2019 決算書の読み方・財務分析のしかた All rights reserved.