HOME流動当座|現預金月商|自己資本比率固定長期適合固定比率有利子負債


現預金月商比率(手元流動性比率)

現預金月商比率とは、ある時点(通常は決算日)において、会社が月商の何ヶ月分のキャッシュを保有しているかを示す指標です。現預金月商比率は手元流動性比率とも呼ばれます。



現預金月商比率の算式は以下のとおりです。

現預金月商比率の算式図解




現預金月商比率の計算

現金と預金と短期有価証券の合計金額と売上高の金額を入力して計算ボタンをクリックすると現預金月商比率が計算されます。


現預金合計 現預金月商比率
売上高


現預金月商比率の意味

黒字倒産という言葉がよく知られているように、会社は損益が赤字でも資金繰りさえ問題なければ倒産はしませんが、黒字であっても資金繰りがつかなくなると倒産してしまいます。

そのため企業は、資金の全てを事業活動に投下してしまうのではなく、もしもの場合に備えて、一定の資金を運転資本として現金や普通預金等として保有しておく必要があります。

この現金や預金として保有している資金の月商(一ヶ月の売上高)に対する割合を現預金月商比率といいます。

現預金月商比率は手元流動性比率とも呼ばれ、銀行が企業の安定性を計る指標としてかなり重視されます。具体的には1ヶ月以上であることを一つの基準とし、高ければ高いほど倒産危険度が低く優良であるとされます。

しかし、現預金月商比率が必要以上に高いと会社の資金繰り的には安定しますが、会社の資金効率が下がります。



現預金月商比率は、中小企業は1.5ヶ月、資金調達力のある大企業は1ヶ月分くらいを目安にとするのが一般的に良いとされます。決算日だけでもこの水準をクリアしておくと銀行に対する決算書の見栄えがかなりよくなるのでおすすめです。










会計学を学ぼう!キャッシュフロー計算書連結決算連結納税税効果会計複式簿記決算書テンプレート
資産負債純資産収益費用貸借対照表損益計算書税理士試験
Copyright (C) 2008-2019 決算書の読み方・財務分析のしかた All rights reserved.